(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。


SSの整理をしてたら、チャット欄が面白かった。



tell01.jpg

tell02.jpg






tell03.jpg





tell05.jpg






   ~はじめに~

「御庭番はキツイ!」漠然とした言葉だが、よく耳にするし。実際、忍者でも十分しんどい。
何がしんどいって、スキル上げもそうだが。実際それ以上にしんどいのが、
忍者(面倒なので以下、ASSシップをまとめてこう呼ぶ)になってからがしんどいのである。
薬用にんじんを取りに行けば、赤字になり。
イクシオンの爪を取りに行けば、返り討ちにあい。
金策をしようにも、虚弱体質すぎて狩りが苦しく。
そんな声を耳にしないでもない。
だが、それは忍者を「所謂、鉄板キャラ」の様な扱いをしているからではないか?
狩る場所、狩り方など、工夫次第では「忍者でも」イケるのではないか!?
実際、忍者の金策、物資集めは他のキャラで行う、というやり方をよく目にするが、
おいらは言いたい、「折角忍者になったのに!稼働率が落ちるような遊び方でいいのか!?」
確かに、効率や安全性を考慮した場合、忍者での狩りはキッチュなのかもしれないが、
それでも折角なった忍者なんだから、忍者で色々やろうぜ!と提唱したい。

※尚、下記で紹介する方法などは、忍者じゃなくても出来るモノだし、
 もちろん、効率も良いとは呼べず、収穫、収集キャラを否定するモノでない、と言うことを解って頂きたい。



   ~戦い方~

忍者で金策するのは、言わなくてもいいかもしれないが。しんどい。
POTの消費を抑えながら、如何に安全に狩りをして、物資を集めながら、金策するか。
という事になるのだが、これが難しい。更に、ここに「効率」という文字が加わると、ほぼ無理っぽい感じになる。
なので、戦い方から整理しよう。

其の壱 POTの消費を抑える
其の弐 安全性を確保する
其の参 物資の確保をする


「其の壱」について
被弾を避け、効率良く攻撃が出来れば、POTを使う事なく敵を倒す事ができる。
ただし、時間がかかる。が、忍者には脳筋などとは違う戦い方ができ、
被弾を避けながら効率良くダメージを出す戦い方も出来なくは無い。
工夫する事がすべて。

「其の弐」について
其の壱の様に、POTの消費を抑えながら戦えない場合、
その戦闘は身の丈に合っていないものとし、工夫を試みるべし。
尚、工夫の試み様がないと判断された場合は、諦める決断も必要。

「其の参」について
楽しく狩りをし、楽しく物資を補給する。
これが出来れば物資が減る事は少なくなり。物資を貯蓄する余裕もできるだろう。
ただし、物資を出し渋り、貯蓄するだけでは忍者の真価は発揮されない。
本気を出し、物資を投入すべき処の見極めが肝心。




   ~狩り場~

※簡単に戦い方紹介も添えつつ、狩場紹介。
 カッコ内は物資の使い道とか。
 下記の狩場以外にも、色々な美味しい狩場や狩り方がまだまだあるハズ。




薬用にんじん(GHPの材料)
高原ノッカーがオススメ。
ミラージュミミック→毒ハベ→アタック→SD
この一連の動きで大体安全に倒せる。
ガードノッカーはHPが高いのでなるべく避けた方が賢明。
無印ノッカーも倒しやすいが、エリートノッカーが高ATK、低HPなので慣れると倒しやすくドロップも美味しい。



イクシオンの爪(GSPの材料)
WarAge回廊のイクシオンが友好関係なく、さらに弱いのでオススメ。
注意点は、WarAgeなのでプレイヤーに殺される危険がある事と、もちろん死亡すればドロップペナルティもある。
さらに、地名付きイクシオンに限り、友好があるので手を出さないのが賢明。
倒し方としては、特に工夫も無く、毒ハベしつつ殴ってれば勝てるだろう、
だが、大量リンクには気を付けよう。見つからないように、ちまちま狩る事をおすすめする。
爪は持ち帰り、他のドロップは現地で売ってJadeにしよう。
Jedaを使って、現地でGHPやGSP、空き瓶を買うのもアリ。




ソウバリングポーション(コーマ種の材料)
上記で手に入れたJedaを使って、各軍の拠点で購入するのが楽チン。
触媒屋さんで250Jedaで売ってます。




インヴィジブルポーション(フォグ種の材料)
上記で手に入れたJedaを使って購入するのが楽チン。
インヴィジPOTはNの拠点、タルタロッサパレスにしか売ってないので注意。




蜘蛛の毒(ポイズン種の材料)
グラフウェルズ(過去エイシス)の蜘蛛がオススメ。
倒し方はノッカーの時と同様に、
ミラージュミミック→毒ハベ→アタック→SD
で、楽に倒せるはず。過去エイシス内部ではマイページが使えないので、重量には注意。
レコードキーやレテポ石を持参して挑むといいかも。




冥王の矢(ライオン団子の材料のライオン肉)(サプライズ種の材料のライトポーション)
地下墓地の弓レイスを倒してこいっていう、フォレールのギルドクエスト。
レイス1体に付き、矢10本固定ドロップ。30本でクエ1回分。
レイスは弱いので、普通に殴り合って勝てる程度の強さ。タイムボムがあれば楽チンになる。
クエ1回に付き、肉2個とPOT2個、それとラピッドスロウの技書。
技書はまとめて店売りすると、お小遣いになる。
目安として、矢3000本突っ込んで肉、POT+20kくらいの稼ぎ。




古代樹の葉(カレーの材料)
トレント相手に、上記で手に入れたライオン団子を投げてれば、簡単に手に入る。
売ってお金にするもよし。
ノッカーや青オルバンなどに注意が必要。




スライミーオイル(マジックリムーブPOTの材料)
エイシス入口のナメクジがねらい目だが、少々危険。
バニッシュ→火種→SD→火種ハベ→案山子→ネイチャー
案山子→火種→火種→SD→火種ハベ→ネイチャー
など、工夫して罠を使いながら被弾を避ける必要がある。
エイシスへの往来もあるので、多少のトレインにも注意が必要。





鹿の角(解毒薬の材料)
エルクを適当に狩ってれば貯まる。
お肉は低スキルでも焼けるので、食べても美味しいが、
忍者に料理スキルを少しでも取る余裕があるかは微妙なトコロ。






   ~さいごに~

全て自己完結してしまったら、それはきっとMMORPGの面白さの半分くらいを損していると思う。
一人では手が届かない、痒いところというのは、出来てしまうのが当たり前で、
一人では出来ない事があれば、力を借り、協力をし。時には恩を売り、時には恩を返し。
そういうのがMMORPGの醍醐味だと思うのだ。
なので完璧に一人で、身の回りの事をこなさず。
食べ物や飲み物、武器などは、その道の方々にお願いし。
忍者は忍者で、忍者にしか出来ない「何か」を探し、そして見つけ。
そしてダイアロスを作る1つのピースとなれた時、忍者としてのダイアロスでの生活というものが、始まるのかもしれない。
いや、忍者で活発に活動する事が既に、ダイアロスを形作る1つのピースなのかもしれない。

よき、忍者ライフを、よき、ダイアロスライフを。



私的ヘルナイトスキル構築論。

ヘルナイト
【 死体回収 】 90
【 刀剣    】 90
【 牙      】 90
【 死の魔法 】 90

必要スキル
360

刀剣や牙を100に死魔を98、100に上げた場合。
残りスキル460程度になる。
さらに、ここから基礎スキルに振る必要がある。

例として振ってみよう。
【 筋力    】 70 妥協した数値、ここから上下させる
【 着こなし  】 46 妥協した数値、ここから上下させる
【 生命力   】 90 できれば生命は90前後確保したい
【 知能    】 20 リープ一発分、大体MP100程の確保に
【 持久力   】 50 妥協した数値、ここから上下させる
【 死体回収 】 90 必須スキル
【 刀剣    】 100 必須スキル
【 牙      】 100 必須スキル
【 死の魔法 】 98 必須スキル

適当に振った感じで、こんな感じ。
これで余りスキル186ポイント。

上記で振ったスキルは最低限必要なスキルポイントの例。
さらにココから、防御スキルに盾か回避を選択し取る。

つまりヘルナイトの余裕のあるスキルは、大よそ200ポイント前後、
その200ポイント前後の中から、補強する必要が出てくる。
まず100ポイントは回避か盾の防御スキルが妥当だろう。
そして、余りの100前後のポイントでサブスキルを取るか、基礎ステータスを補強するかになるだろう。

上記のスキル振りは、あくまで仮定だが。
通常の近接戦闘スタイルで、そこそこ戦えるヘルナイトを組もうとすると、
大体残り200程度で味付けする事になると思う。


スキル振り例


戦技盾

【 筋力    】 70
【 着こなし  】 51
【 生命力   】 90
【 知能    】 20
【 持久力   】 50
【 死体回収 】 90
【 刀剣    】 100
【 盾      】 91
【 牙      】 100
【 戦闘技術 】 90
【 死の魔法 】 98



戦技着こなし盾48

【 筋力    】 70
【 着こなし  】 91
【 生命力   】 90
【 知能    】 20
【 持久力   】 50
【 死体回収 】 90
【 刀剣    】 100
【 盾      】 48
【 牙      】 100
【 戦闘技術 】 90
【 死の魔法 】 98



回避戦技

【 筋力    】 70
【 着こなし  】 51
【 攻撃回避 】 100
【 生命力   】 90
【 知能    】 20
【 持久力   】 50
【 死体回収 】 90
【 刀剣    】 100
【 牙      】 90
【 戦闘技術 】 90
【 死の魔法 】 98



回避暗黒

【 筋力    】 70
【 着こなし  】 51
【 攻撃回避 】 100
【 生命力   】 90
【 知能    】 20
【 持久力   】 50
【 死体回収 】 90
【 刀剣    】 100
【 牙      】 90
【 死の魔法 】 98
【 暗黒命令 】 90



パニッシャー

【 筋力    】 70
【 生命力   】 90
【 知能    】 60
【 持久力   】 40
【 精神力   】 100
【 集中力   】 100
【 死体回収 】 90
【 刀剣    】 100
【 牙      】 100
【 死の魔法 】 98


私的に考えた事や、戦術考察、スキル構成考察や攻略うんぬん等々、まとめたり。



御庭番の生活
Preでの御庭番の生活とか。


御庭番のあれこれ
御庭番での対人考察とか。


WarAgeでの御庭番のスキル
ワラゲでの御庭番のスキル考察とか。


御庭のお仕事
ワラゲでの御庭番のお仕事考察とか。


対人とか罠とかラインとか
対人における罠とか、ライン取りとかをザックリ。


私的ヘルナイト考察
ヘルナイトのスキル構築を考えてみたり。


スキル制MMO MoEとUOのお話し
スキル制MMOゲームに対する考えとかの独り言。


忍者PT指南 旋転の術
忍者ワンメクでのpreでの狩り、ターゲット管理のお話し。
対人での罠やライン取りについてあれこれ。


水平置き
戦法05
(青字は敵の予測進路)
横に広げて置く事で、敵の進路、退路を制限する。
下記の垂直置きから、ポジションを変える時にも役立つ。



垂直置き
戦法06
(青字は敵の予測進路)
下がりながら置く事が出来るので、配置しやすく、直線コースが長くなるので、
敵からの踏込を抑止しやすい。
ポジションを変える事で、上記の水平置きへ移行でき、回り込む敵を牽制しやすい。







中規模戦以上での大雑把な配置

戦法08

中規模戦以上のアタリで、ラインを作るのはクエイカーや罠などのタフな戦士。


前線を支えるタフさが無いキャラは後方、もしくは下の図の緑色の場所で交戦が望ましい。
が、前線を横に伸ばしすぎると、正面のラインが薄くなるので注意。
同様に、本陣が縦に伸びすぎると側面からの攻撃にもろくなる。
戦法07



後方からの奇襲は得策とは言えない。敵の退路に少数で立つ事で、
撤退際に巻き込まれてしまう可能性がある、注意。


自分なりに考えた、御庭番の立ち回り等を、客観的に見直す為にここに記す。

御庭番必須スキル
【 落下耐性 】 90
【 薬調合   】 90
【 刀剣    】 90
【 投げ    】 90
【 罠      】 90
【 物まね   】 90
【 自然調和 】 90

残りスキル220
言わなくても分かると思うが、御庭番には殴り合いが出来ない。


ラグが無くなり、誰でも簡単に判定が出せるようになり。
さらに、強力な武器、防具の登場。武器レンジの修正などにより。
近接キャラ同士の殴り合いは、タフネス。つまり継戦力が必要となった。

基本的な立ち回りとしては、図の様に、
戦法01
中心点を置き、そこから時計周り、または反時計回りに旋回しながら戦うのが一般的。
一般的な近接脳筋キャラの場合。動きという意味での立ち回りは。
「相手と自分の距離が遠いか近いか」
「相手はどちら側に回り込んでくるか」
この二つに大きく分類されると思う。

だがしかし、こんな近い距離で、ドンフライvs高山ばりの殴り合いは、御庭番には出来ない。
御庭番は脆い。なので近づかれてはならない。脳筋だけでなく、御庭番は近づかれてはいけない。
裏を返せば、こちからから接近し、攻めるという行為のリスクはかなりのもにになる。
では、どうするか。


距離を取ろう。
戦法02

図の様に間に罠を置く事で、敵は迂回ルートで近づかなければならなくなる。
敵が迂回した場合は、こちらも回り込み距離を保ちながら、投擲攻撃で牽制し続ける。
罠を設置する場合、敵の間合いの範囲外から設置しよう。近すぎても遠すぎてもダメ。
牽制用の罠の設置後、すぐハーベストするのは厳禁。

敵が罠の上を、直線ルートで突っ込んできた場合、カウンター攻撃のチャンス。

パターンその1
事前に置いた罠の上を通過した時にハーベスト、種はサプライズシードが好ましい。
サプライズの効果中は一方的に殴れる状態が作られる。

パターンその2
パターンその1が間に合わない、またはディレイ中で使用できない場合、
サイレントランでやり過ごそう。この時、下記の移動回避と組み合わせると良い。

パターンその3
敵が突っ切ってくる場合、まず間違いなく強引に攻めて殺しにきている。
ソードダンスでカウンターしよう。

パターンその4
ネイチャーミミックやバニッシュクラウドを使い、
一旦距離を取って、仕切りなおそう。これも、下記の移動回避と相性が良い。


この立ち回りで、鍵になるのが。
こちらから接近して仕掛けずに、敵に仕掛けさせて接近する事。
どちらから仕掛け、近づくのかというのは重要。
上記の4つのパターンを軸に、敵の攻撃をかわしながら、
カウンターを決めつつ、距離を維持し、投擲での牽制を続ける。
これが基本のパターンの1つ。




しかし、上記のパターンだけでは、遠隔持ちに対応できない。
そこで移動回避に頼る事になる。
敵の攻撃を、移動でかわし、範囲外にする。
文字で書くと簡単だが、これが難しい。
回避方法は大きく分けて2つ。


後退回避
戦法03



交差回避
戦法04

敵が遠隔攻撃手段を持っている場合、後退回避はしにくく。
交差回避が有効である事が多い。
この為に、脳筋もメイジも、攻撃範囲外がある以上。
旋回や後退をし、上記の様に戦うが、御庭番はもっと徹底して移動防御しなくてはならない。
罠を使って安全地帯を作り、牽制とカウンターを軸に戦う。


ぼちぼち復帰したような気配を出してみたものの。

ダイアロスの日々に退屈を感じていたトコロ。

忍者FSに入れて貰う流れになったので、久しぶりに御庭番出動。

oniwa01.jpg



oniwa02.jpg


盗み御庭じゃ戦えないし、できる事が散歩しつつの箱開けだけなので。

純御庭にかむばっく。

思えば、カミソリエッジなキャラばかり使い。戦闘がヌルくなるにつれ稼働率が低下し。

今またヘルナイトで退屈し、御庭番への移行。

この機に御庭番で出来るトコまでやってやろうかな。とか考えてますん。

脱カミソリ系、これからはコピー用紙系。








oniwa04.jpg


oniwa03.jpg



oniwa05.jpg



oniwa06.jpg







思うトコあって。顔、髪型、髪色、服装を在りし日の1stキャラ白銀と同じにして・・・。

oniwa07.jpg





冒険の準備は出来た。何して遊ぼうか。