(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。

巷に忍者が氾濫しているので、どうしても忍者っぽい格好はしたくない!!

いや、忍者装備は好きなんですがね?オブリビオンの暗殺ギルドの服っぽくて、好きなんですが。

ただでさえ、テンプレ化して、世に氾濫している死魔御庭なので。

忍者じゃない方向で行きたかったのです。

いや、実際のとこ忍者ではあるんですがね?ですがね?ですのよ???





とことで、シーフっぽい服装にしてみた。

緑じゃない、とか言われるんで。イムサマスローブをGETしました。

シーフ02

ついったーで言ったように、ふんどしが履けないのがもどかしすぎて。

こぐおに戻りました。やっぱこぐおでこの髪型、髪色だと落ち着く!











シーフ01







以下、御庭になってみたよ感想。

長いので、読まなくていいです。





色々言われちゃってる、死魔御庭ですが。

実際やってみると、言われてる感じと違いますね。

ノーマル忍者→パフォ忍者→死魔忍者→ノーマル忍者→死魔御庭

こんな順で、ASSで遊んだワケですが。

ノーマル忍者が一番安定してて、素直に動けた感じ。

実際、死魔御庭やってみると、分かるのが。

まず、Preの場合リープに頼ったら死ぬ。

タゲを取ると、いくらタゲ切り手段が豊富と言えど。

スタミナが少ないので、ジリ貧になってどうにもならんくなる。

Warの場合、リープとかポンポンあたるもんじゃない。

チャージのタイミングと奇襲をかけるタイミング。そして相手を選ぶのが難しい。

Warの場合、武器の選択はリープのために2HAND武器になってしまうが。

Perの場合。2HAND武器で威力を求めると、どうしても重量がかさむ。

というか、リープすることがまず無いので。軽く扱いやすい武器を選ぶ必要が出てきた。

さらに、刀剣でmobと殴り合うとか自殺行為以外の何物でもないので。

刀剣の運用方法は、SDが主体になり。苦し紛れの追撃アタックくらいしか攻撃しない事に気づいた。

んじゃあ、思いっきり趣味武器に走るのもアリだろ。って事で。

ツヴァイハンダー作ってもらいました。かっけぇね!これ!!

でも、クソ重たいので雑魚狩り専用に…。

他に何か良い得物は無いものかと、wikiを見ていたところ。

神性能武器発見。

「グレイブンマシェティ」

グラフィックもカッコイイ!重量なんと0.70!!

カッパーナイフと同じ重さで、この威力!!さらにマイペにも入る!

マチェットとかククリナイフとか、その手の大型ナイフみたいな武器大好きなんですよね。

ファルカタは少し重いが、命中プラスが付くので、気が向いたら使ってみようと思うます。

ファルカタもかっけぇんだよなぁ…。

武器何使っても大差ない、さらに着こなし0の為、何着ても大差ない。

んもう…。オシャレし放題じゃないか…。

これからがホント楽しみだ。


生命0白銀に到達した時。周りから白い目で見られた。

狩りについて行こうとすると、周りからの冷ややかな視線が感じられた。

それが快感だった…。さらにその期待を良い意味で裏切り、活躍した時の空気。快感だった。

今ではもう、「白銀で行くよ」などと言っても誰も煙たがらない。と思う。

自画自賛になるが、白銀という縛りの中で十分にやってしまった感がある。


そこで、以前から目指していた。御庭番になること決意したワケでござあます。

忍者の段階で止まって居たのだが。やっと御庭番始動です。楽しみで仕方ない。

暫くは、御庭番であちこち回って、色んな経験を詰み。白銀の時同様、ギリギリの戦いをしたいと思う。


おにわ01


現段階だと、地下墓地のロッソ達とギリギリの熱い戦いを繰り広げる、そんな感じの戦闘力。

戦闘力5

強いとか弱いとか、便利とか便利じゃないとか。そういうの超越しちゃって別の惑星に住んでる感じ。



おにわ02

そんな感じで、御庭番として暫く生きていこうと思います。

どうか、なにとぞ、冷ややかな視線と生暖かい声援のほど、宜しくお願い致します。







御庭番予想以上にしんどい


~ここまでのあらすじ~

すっかり爺ちゃんから、メインキャラの座を奪取した強化槍こぐおは。

金欠に喘いでいた!







あらすじ01

新築の家では、土足禁止です。











あらすじ02

金利ゼロ…。なんて素敵な言葉でしょう。









あらすじ03

やっとモノクル買ったぞおおおおおお!!

コグオ+モノクルとか、破壊力高い、キュンキュンする。










あらすじ04

狩りとかもしてました。

ガイア前で暴れた後は、こんにちわ ガイア で帰宅が慣わし。しきたり。鉄則。








あらすじ05



あらすじ06


その体でどうやって避けた