(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。

今朝の朝刊に、こんな折込チラシがあった。









表面

暗使01







裏面

暗使02





エクア、デミトリ、オリアクス
それよりも不思議なニーナ
どうしても Don't open your mind!ハッ!
つまらないのよエブリデイ
いやになるわね マンネリ
誰も暗使を Don't understand me!

ここに偽善者が一人いるんだけどな
気付けよ

やがて暗黒がすべてマブの闇の色に
染めていくように 君よ!マブで変われ!ハーッ!

みんな暗使に行っちゃえ!
あたし一人で生きるわ
それじゃ生産 諸行無常 渇!
ダークサイドだムトゥーム
ボクは知っている Your heart
苦しさまぎれの構成、でしょ?

MoEしているのだそれでも
解かるだろうか?
気付けよ!

やがて戦乱で墓地が地下に沈む前に
軍属になるかい? 君よ!マブで変われ!

墓地の奥底で光る
君の賢者の石取りに行く頃は
君よ!マブで変われ!

やがて暗黒で
すべてマブの闇の色に
染めて行くごとく
君よ!マブで変われ!ハーッ!







UFOと恋人収録ヴァージョンの方が好きだけど、オーケンが歌詞間違えまくってたからコッチのヴァージョン。いつもの事だから仕方ないよね。

これ誰か歌ってちょうだい、そんでこっそりファイル頂戴。




マブ教徒の方こんにちわ。そうでない方はこんばんは。

マブ教徒の間で、今話題の武器と言えば。

そうですね、サイスです。サイスと聞いて皆さんは何をイメージするでしょうか。

農具のサイス、死神のサイス、一揆で田吾作が投げているサイス。リーパーうぜぇよ死ねよサイス。

色々な、サイスが存在しますが。今回はそんなめくるめくサイスの世界へと、ご案内しましょう。










スチールサイス

スチール02



スチール01



一般的なサイスなので、皆さん馴染み深いのではないでしょうか?

サイスアタックという戦法をご存知でしょうか。

これはディレイの短い武器を使って、手数を増やそうと試みた結果。サイスに行き着いたのでしょう。

さらに、その戦法は派生して。今ではマブ信者にも愛用されています。

ブラッディブレイドで、敵の生き血を啜る為に愛用されているのです。

サイスって素晴らしいですね。










シルバーサイス

シルバー02



シルバー01



とても綺麗な色のこのサイス。銀サイスなどと呼ばれています。

耐久度が高く、重さも手頃なので、こちらを愛用する信者の方も居るのではないでしょうか?

銀サイスはアンデッド系に有効で、墓守の紳士デスナイトとのデートには欠かせない存在でしょう。

サイスって素晴らしいですね。










ゴールドサイス

ゴールド02



ゴールド01



非常に味わい深い色の、このサイスは金サイスなどと呼ばれていますね。

兎に角重たく、この金サイスを持ったシャドウナイト6人が乗っただけで、イナバ物置が倒壊した。

そんな逸話も残されている程です。故に扱いが難しいので人気はあまりありませんが。

その耐久度、威力、美しさ故に一部のマニアにとても人気のサイスです。

近場の殺戮ならば、このサイス一本持って行けば安心でしょう。

サイスって素晴らしいですね。










レゾナンスサイス

レゾナンス02


レゾナンス01



淡い金色の曲線が美しいですね。

威力据え置きで、この耐久度。そしてこの美しさ。

観賞用にしてよし、実戦で使ってよし、のとても素晴らしいサイスです。

が、入手が難しい為なかなかお目にかかれない品でしょう。

しかし、サイス愛好家は直ぐサイスをぶっ壊すので。壊れる直前に泉に投げ込みましょう。

+8強化に成功した時、とてつもなく巨大なサイスが手に入るでしょう。

サイスって素晴らしいですね。










ミスリルサイス

ミスリル02


ミスリル01


漆黒の闇に溶け込みそうなこの色。なんて美しいのでしょう。

世界で最もマブく、世界で最も美しいとされる、ミスリルサイス+4です。

しかも、テラミスリルです。ギガでもメガでもなく。テラです。

このサイスが最もマブいとされる理由は、色にもありますが、そのダメージ。

なんと美しい数字でしょう。振り回すのを躊躇ってしまう一品ですね。

サイスって素晴らしいですね。










ジョーカーサイス

ジョーカー02



ジョーカー01



マブ教徒にはお馴染みのこのサイス。

いつの間にかチャージ可能になり、好みが一層分かれてしまいましたが。

チャージ用で持ち歩きながら、予備のサイスにもなる。なんて素晴らしいのでしょう。

色が残念、などと言う声をよく耳にしますが。

見れば見るほど、このサイスに魅了されてゆく事でしょう。

サイスって素晴らしいですね。










ブラッドサイス

ブラッド02



ブラッド01



Good design scythe 2007を受賞したサイスとして有名なサイスですね。

このサイス、デザインは良いのですが。取り回しがとても大変なので、扱いに苦労するでしょう。

しかし、このサイスで殺戮を繰り広げる姿は、きっと全てのマブっ子達を虜にするでしょう。

材質がクリスタルなので、修理しようとするとNPCにボッタクられるのも注意すべき点でしょう。

サイスって素晴らしいですね。










デスペレイトサイス

デスペレイト02



デスペレイト01



死神の大鎌。そんな異名を持つのがこのサイス。

軍人の方々は、馴染み深いのではないでしょうか?

武器レンジが修正された今も尚、このサイスは射程が6.5もあるのです。

リープに使って良し、チャージドに使って良し、の殺人サイスです。

リーパーなら数本常備しておきたい、そんな頼れるサイスですね。

サイスって素晴らしいですね。











ここまで、「サイス」という文字がゲシュタルト崩壊を起こすほど紹介してきましたが。

このダイアロスには、まだまだ沢山のサイスが存在します。

飾って、使って、ぶっ壊して。

サイス愛好家の方も、そうで無い方も。この期に是非、サイスで首狩りなど如何でしょうか?

サイスと過ごす時………。きっとそれは、素晴らしい一時になるでしょう。

サイスって素晴らしいですね。


砦01


暗使っつーのは、ナメられちゃいけない。

それが複合三次シップなら尚更だ。

希望を与えると言う意味でも、ヘルナイトは強くあるべきなのだ。違うかい?

んで、何で走ってるかって言うと、エクア姉様にお使いを頼まれてね。

これから「黄昏の砦」に居るエミリー、エレナ、エルーカスハッチ姉妹。この4人の首を取る。

流石にソロじゃキツイ仕事だ…。だが、暗視の術を使えば…………ただの暗殺になる。











砦02


着いたぜ。ここが潜入ポイントだ。

一応、マップでの潜入ポイントを載せておこう。参考にしてくれ。



砦03















砦04


さて、仕事といこうか…。サクっと片付けるぜ。

暗殺っつーのは手際の良さが鍵だ。












砦05


まずは、エミリーとハッチをぶっ殺した。回復手段はもちろん蝙蝠サクリだ。

手際良く、リープをチャージしてバットフォームで対岸へ飛び移るぜ。










砦06


魔法使いを先にぶっ殺すってのは、戦闘の定石だな。

スケイプゴート、グールファングなどを使えば戦闘中でも詠唱時間を作る事ができる。

敵はなす術も無く、次の瞬間には地に伏しているだろう。










砦07


これで、今回の仕事は成功だ。

こうやってマブ装備は作られている…。

帰りは、バットフォームで対岸へ飛び移る。










砦08



今回の暗殺記録が、同胞の参考になればヘルナイト日和に尽きるっつーもんさ。

ヘルナイトじゃ倒せないなんていう、既成概念。そんなもんサイス一本でぶっ壊せるのさ。

できないじゃねぇ。まずはやってみろ!!!

血塗られた御手に栄えあれッ!!!!!


最近もうタイトル考えるのが、んもぅ!って感じで。
センスバリバリバッキバキのタイトル考えられる人、そういう人に憧れるし尊敬する。

最近は、考える事を放棄して、日記書きながら聞いてる曲名を付けてたんだけど。
気付いてくれる人いたら嬉しいな。
音楽は宗教、そんな風に誰かが言っていた。僕もそう思う、僕の場合は無宗教という名の宗教なんだろうな。



最近の僕と言ったら、MoEにinしてるにはしてるが。エブリデイ寝落ちなワケで。

そろそろ日記更新しないとなぁ、でもネタねぇよ…。

SSだってろくに撮ってないよ………。面白い事ねぇかなぁ…Zzz

こんな、日々を送っていますが。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

んでね、今日イクシオンとタルタロッサの話しをしてたの。諸説あるみたいだけど。

妄想のし甲斐がありそうなので。ここでネタにしようかな。ネタになるかな。大丈夫かな。



・アイリーン、ヨルムに恋をする。
      ↓
・アイリーン、恋敵を罠にハメてタルタロッサに食わせてしまう。
      ↓
・タルタロッサがイクシオンの味を知り戦争を企てる。
      ↓
・ヨルム、アイリーンと結ばれる。そしてザブール誕生。
      ↓
・アイリーン、タルタロッサの策略を知る
      ↓
・アイリーン、我が子を守る為。現ザブール勢力のような取引をし、内密にイクシオンの身売りをする。
      ↓
・罪悪感を感じ始めていたアイリーンが身売りを停止したがる。
      ↓
・停戦協定は破棄され、アイリーンはタルタロッサの餌食になる
      ↓
・ヨルム、妻の死を知りタルタロッサと対立。この時点でタルタロッサのイクシオン食いが発覚
      ↓
・現ヨルム勢力、タルタロッサとの戦闘準備。
      ↓
・タルタロッサ、エイシスケイブへ侵攻。
      ↓
・現ザブール部屋付近にて戦闘、タルタロッサの奇襲作戦は失敗。
      ↓
・互いに被害を出し、戦闘と休戦を繰り返す。
      ↓
・ザブール派、勢力を拡大。かつてのアイリーンの様に停戦協定を結ぶ。
      ↓
・ヨルムの復讐は達成せず、現在に至る。


こんな、感じと僕は妄想するなぁ…。憎悪に満ち溢れた戦争。略奪の連鎖と憎しみの増幅。

どっかに年表とかサイドストーリー載せてるサイトないかな。


誰か、こんなストーリーでショートストーリーとか書いてくれないかな。

自分で書くと自分が楽しめないから、誰か書いてくれないかな………。





















オマケ

骨、骨、骨


蝙蝠だけが知っている、クールビズ。